社会人のためのスーツ


スーツ。それは社会人の戦闘服

 

社会人の教科書

英国で生まれたその服は、格式と伝統に彩られた一流の装い。
厳格なルールと、恥ずかしくない振る舞いが求められる一流の証。

 

スーツはクラシックとカジュアルの二種類!

日本の現実に則したカテゴリーに言い直すと

  1. フォーマル
  2. ビジネス
  3. カジュアル

となるでしょうか。

それぞれ礼服、仕事着、私服ですね
フォーマル(礼服)となると、モーニングや燕尾服などガチもんのクラシックスタイルも入ってきますが、一般人がそんなものを着る機会など、まぁありませんので、このサイトではザックリ割愛。
このサイトでお話しするフォーマルは、冠婚葬祭や大事な商談、会食の類いまでといった感じです。

 

 

それでは、誰も教えてくれないスーツのホントウをみていきましょう。

>> スーツカテゴリー

 

The following two tabs change content below.
伯爵

伯爵

編集長
服屋の販売員からホテルマン、IT業を経て施設支配人、雑誌編集長とわけのわからない職歴が輝くわたしが、多様な視点からみる社会人のホントウを教えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です