長く愛用するために。革靴メンテナンス


まずは日頃から癖付けたい革靴の管理。

自宅に帰ったらシューキーパー!

 

シューキーパーは必ず!です。
スーツを脱いだらハンガーと同レベルの“当たり前”なことなのです。

革靴を履いた後は休息させてあげてください。
靴の寿命を大きく左右する絶対に必要なアイテム。それがシューキーパー。

シューキーパー

シューキーパーの効果

型崩れを防ぎ、美しい状態を維持!
底材の反りを防ぎ、つま先などのシワを元に戻す効果があります。
シワが深くなると表面にヒビが入ったり……そもそも反ってしまった革靴はみすぼらしい

 

消臭効果があります!
木製のシューキーパーには消臭効果のある物が多く、汗で蒸れやすい劣悪環境の革靴にとっても、そこに足を突っ込む私にとっても素晴らしいことです。

 

湿気をとってカビ対策
人間の体では、意外と足裏は汗をかく部位。
革靴は1日履いたら2日休ませる。などと言われるほど過酷な環境で使用されています。
革靴を休息させ、靴内にこもった湿気をとって長く楽しみましょう。その方が経済的ですしね!

 

 

スーツにとってのハンガーと同じですので、脱いだらシューキパーを入れる!毎日の癖にしてください〜

つま先が曲がるので仕方がないのですが、革靴に出来たシワはその時にシューキーパーにて伸ばしてやらないと元には戻りません。
シワっシワの革靴はホントウに格好悪いです。
スーツと同じく、社会人の戦闘服ですから!大事に扱って愛用していきたいものです。

 

The following two tabs change content below.
伯爵

伯爵

編集長
服屋の販売員からホテルマン、IT業を経て施設支配人、雑誌編集長とわけのわからない職歴が輝くわたしが、多様な視点からみる社会人のホントウを教えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です