おすすめのビジネスバッグ


社会人におすすめのお洒落なビジネスバッグ

 

日本人はカタチから入るべき(`・ω・´)シャキーン
仕事がイヤでイヤで……と言う人こそ、仕事で使う道具はお気に入りのこだわりアイテムで揃えるべきです。
社会人がお洒落で格好良い必要はあまりありませんが、ダサく安っぽく小汚いのはあきらかにマイナス要因。
服屋で働いていた経験から言わせていただくと…
高く見えない高価な商品はあっても、安く見えない安い商品は存在しない!

 

見る目のない方はいらっしゃるが、なにもわざわざそんな方に合わせる必要はないのです。

とは言うものの、超高級志向である必要は毛頭ありません。カバンとして適切な価格で、とにかく安い商品!でなければよいのです。
吉田カバンさんについては過去に書きましたので、ここでは比較的良心的なお値段で購入できるおしゃれなビジネスバッグをご紹介します。

 

コンプレックスガーデンズ

コンプレックスガーデンズ

 

カチッとしたスタイリッシュなデザインが特徴の素敵カバン、コンプレックスガーデンズのビジネスバッグ「枯淡」です。

牛革製のA4サイズ。安心の日本メイド、確かな品質を持つ製品です。
ありそうでない、シンプルなソリッドデザインが目を惹くこと間違いなし、「美しい」という表現がピッタリのフォルム。
コンプレックスガーデンズ 枯淡
もちろん。見た目だけではなく使い勝手もよい。
嬉しい機能として、ガバッと開くその広い開口部。

常に開ける必要はまったくないが、開くこともできるってのは好ポイント(๑´∀`๑)

内装は豚革で、ファスナーポケットと小物ポケットを装備。ポケットと底はコットン製という痒いところに手が届く仕様はさすがに日本製品。
もちろん取り外しできるショルダーストラップが付いているので、移動時にも楽チンだ。

 


 

Paul Smith 〜ポールスミス〜

おすすめのビジネスバッグ

お洒落なカバンと言えばポールスミス。
圧倒的な知名度をもつ間違いのないビジネスバッグを選びたいならここできまり。
形的にはオーソドックスなものが多く、おかげで使い勝手に難はありません。
ブランドロゴもさりげないので、嫌味になることもないと思います。小さなこだわりは裏地ですかね。
好きな人なら一目でソレとわかるド派手な色をしています。
ナイロンから革物まで種類も多いので、予算や好みでお気に入りが見つかると思います。

 

 


 

トゥミ〜TUMI〜

ビジネスバッグの定番といわれるTUMI。
ビジネス雑誌なのでたまにある、「社長!あなたのカバンみせてください」的なコーナーでの出現率がやけに高いメーカーです。

さすがに定番と言われるだけあってスタンダードの中のスタンダードな作り。
使いやすさでこのメーカーの右にでるのは容易ではないかも……
大きく開く開口部、ペン差しやカード入れなどのポケット。それでいて収納力の割にスリムなシルエット。

確かな実績と歴史をもつTUMIのバッグは、ポケットの一つひとつのサイズ感まで使い易いです。

 

定価7万円以上するのだが、Amazonさんでほぼ半額。

The following two tabs change content below.
伯爵

伯爵

編集長
服屋の販売員からホテルマン、IT業を経て施設支配人、雑誌編集長とわけのわからない職歴が輝くわたしが、多様な視点からみる社会人のホントウを教えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です