革靴の削れたカカト。安く簡単に自分で出来る?


革靴のソール削れは修理して長く使おう!

シューズドクター

 

3足くらいをローテーションしている自分の使い方で、1年履くとカカトがヤバイ水準に…
この“ヤバイ”は、ソール(靴底)のゴムの部分だけが削れている状態。ゴムを削り切って底の土台部分が削れると、修理費用が上がるのです(´・ω・`)
修理は3000円くらいで、ショッピングセンター内に大抵入っている「革靴、カバン修理、スペアキー作成」のお店でやってもらえる。
自分は先日2足の革靴を修理にだしたところ。
年1回でこのくらいの金額であれば、買い直すより安く、愛着もわくのでおすすめ。

 

もっと安く!とか、自分でできるメンテは自分でやりたい!の方におすすめなのが、セメダインの靴底用補修材
使い方はいたって簡単。付属の型取りプレートをカカトに沿って貼り付け、補修剤を塗るだけ。
一気に盛ると硬化に時間がかかるので、4mm程度塗って固まったら2度、3度と重ね塗り。しっかり固まったら型取りプレートを剥がして終了。

 

パテ盛りや補修剤は厚塗りしないのが基本だが、普段そういった作業をしない方であれば、素直に修理に出した方が手っ取り早くキレイだとも思いますƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ʃ

 

 

 

The following two tabs change content below.
伯爵

伯爵

編集長
服屋の販売員からホテルマン、IT業を経て施設支配人、雑誌編集長とわけのわからない職歴が輝くわたしが、多様な視点からみる社会人のホントウを教えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です