スーツのポケットに入れてもよい物は決まっている?


スーツのポケットには物を入れてはいけないってホント!?

 

はい、大体本当です。

 

それではスーツのポケットについておさらい。
まずは、ジャケットの胸ポケット
こちらはポケットチーフ(スーツの胸ポケットに装飾として挿す布)以外の物を入れてはいけない装飾のためのポケットになります。
現在、胸ポケットに高級ボールペンをさすのは可?それとも否?の論争がが繰り広げられておりますが、生きている間には決着しないでしょう(;´Д`A “`
個人的には、あまりなし。言い方を変えると例外を除いてなし。
ファーバーカステルの伯爵であれば、それもまたよいのかな……ってなところです。

ポケットチーフ▲ 胸ポケットにはポケットチーフ。

 

そしてジャケットのサイドポケット(腰ポケット)。
こちらは一切何も入れません。
理由は当然形が崩れるから。

 

パンツの方は、前も後ろも何も入れないのが基本です。

 

ですので、スーツで使用してもよいポケットは、ジャケットの内ポケットだけということになりますね。

内ポケットには名刺ケースを入れることが多いのではないでしょうか?
財布は基本的にはバッグの中に収納し、「ちょっとそこまでランチしに」というような場合だけ右側内ポケットに入れます。
他、左側にはペン用のポケットがついていることが多く、その下部には小銭入れにピッタリのポケットもついています。

 

スーツのポケットに入れてもよい物と言えば、せいぜいこんなもの。

The following two tabs change content below.
伯爵

伯爵

編集長
服屋の販売員からホテルマン、IT業を経て施設支配人、雑誌編集長とわけのわからない職歴が輝くわたしが、多様な視点からみる社会人のホントウを教えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です