スーツの防寒にニットカーディガン。


スーツの防寒も格好良く!お洒落に冬を越す社会人のウォームビズスーツのお洒落防寒対策

基本的にはスーツの下に物を着込むのはNGです。
さっそく防寒の出鼻を挫いてやりましたが、理由はもちろんラインが崩れるから……

ウォームビスと言われるようになり、目にする機会も多くなりましたが「マナー違反である」ということは知っておいてください。
クールビズのノーネクタイみたいなものです。

夏のクールビズと言えば半袖シャツにノーネクタイ、もしかするとシャツはボタンダウンの方も多いかもしれないが、「マナー違反」であるということは知っているはず。日本はあまり社会人のドレスコードについてうるさくないので、普段使いに問題はないと思いますが、それでも初めてお会いするクライアント、重要な会議や会合の場にノーネクタイはマズイって認識くらいは持っていると思います。

お洒落にウォームビズを楽しむには、カーディガン!

ウォームビズも同じです。ジャケットの下、シャツの上にベスト以外を着込むのは基本的にNG。「NGであることを知っている」のであれば、大事な場面で避けることができると思いますので、覚えておいてください。

 

 

 

それでは、スーツの下に着込むカーディガンのポイント

落ち着いた色のカーディガンを選ぶ!
黒、グレー、紺、エンジ、深い緑など落ち着いた色が無難。
ライトブルーなどをお洒落(風)に合わせているような写真も見るが、基本的には「スーツにカーディガン自体がNG」ですので、悪目立ちしない方が良いです。
同じ理由で、無地の物を選びましょう。

 

袖口、襟元のリブがハッキリしているものを!
リブがハッキリしている物の方が、カチッとした印象です。
個人的には、スーツの胸元からチラッとカーディガンが覗くのは良いですが、袖口から顔を出しているのはいかがかと思う……
袖口からはシャツを出せるよう、カーディガンの袖口は調整しましょう。

 

スーツの冬対策

そもそもニットベストよりカーディガンか?
スーツの顔であるVゾーン。このスペースをいかに美しく見せるのかがスーツ着こなしの要。
中に着込むニットは、このVゾーンであまり主張し過ぎないようにしたい。くどいようだが、スーツの世界では「基本的にはNG」なのだから。
ニットのセーターやベストでも悪くはないが、首元の詰まったものだと、このVゾーンを殺してしまう。
「チラッと見える」くらいを意識し、選んで欲しい。
顔を出しがちなセーターやベストで悩むのであれば、カーディガンが安パイってこと。

 

The following two tabs change content below.
伯爵

伯爵

編集長
服屋の販売員からホテルマン、IT業を経て施設支配人、雑誌編集長とわけのわからない職歴が輝くわたしが、多様な視点からみる社会人のホントウを教えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です